効果的な栄養療法

栄養療法とは、海外では1960年代から医療の現場で適用されてきた治療法です。栄養とは、食事やサプリメント、点滴や糖質のコントロールなどが挙げられます。患者を治療する際、外科的な治療にのみ頼るのではなく、積極的に栄養療法も取り入れることでより早期の回復を実現するものです。栄養療法は2000年頃から日本でも導入され始めました。最近では栄養サポートチームと呼ばれる、患者の栄養を管理するチームが多くの医療現場で普及するようになりました。栄養療法による治療は、早期回復が見込めることから医療費が削減できるだけでなく、患者への身体的な負担も少なくなります。今後ますます多くの医療機関でその良さが理解されるようになるのではないでしょうか。

栄養療法とはたいへん効果的なものですでに多くの医療現場で導入されていますが、実施する際には注意点があります。栄養療法の中には免疫療法と呼ばれるものがあります。これは栄養剤を内服して感染症などのリスクから患者を守るものです。この免疫療法を重症疾患の患者に適用すると、臓器障害を起こす可能性があります。このような患者には免疫を増強させる栄養剤ではなく、免疫を調整するタイプのものが合っています。このようにそれぞれの患者の状態によって適用すべき治療方法が異なるため、患者の状態をよく見極めてから方法を選択する必要があります。いくつかの病状が組み合わさった患者には、より良く見極めなければならないため注意が必要です。