朝散歩する事の効果

自律神経失調症の治療として、規則正しい生活が効果的ですが、特に朝の散歩は、効果の高い治療となります。朝の散歩の効果として、朝決まった時間に散歩する事によって、生活リズムが整えられる。朝の散歩によって、その後の日中生活にメリハリが出ます。また、朝太陽の光を浴びる事によって、体内時計が正常になります。また、前向きな気分になります。これは、脳内のホルモン伝達物質のセロトニンが活性化される事によります。また、朝の散歩によって、外の景気を見る事がリラクゼーション効果もあるし、視覚を活発にする事によって、脳内にも刺激を与えます。これらの効果は、自律神経失調症の治療として、非常に有効です。注意したいのは、軽いジョギング程度なら問題ありませんが、激しく走る事は、交感神経を優位にさせるので、気分が高まる可能性があります。

自律神経失調症の治療法として、薬物療法があります。自律神経失調症と診断され、処方される薬物として、自律神経調整剤、抗不安剤、症状によってビタミン剤、ホルモン剤が処方されます。自律神経失調症は、発症する症状が人それぞれによって異なりますので、医師とよく相談して、薬物療法を進めていく事が大事です。その他の治療法として、カウンセリング療法があります。カウンセリングは医師や最近では専門カウンセラーによるカウンセリングも気軽に受けれるようになってきています。また、作業療法を取り入れている病院もあります。作業療法とは、手芸、プラモデル、絵を書くといった作業を行う事で、集中力を高め、やる気を高めていく療法です。いずれの治療法も、症状によって、期待できる効果が変わってきますので、医師とよく相談しながら、治療法を進めていく事が大事です。